■Recommend
African Rhythms: Ligeti - Reich

GRANVILLE

メロディ泥棒&ビート刑事(デカ)(DVD付)

ヒダリのラブレター

サーフ ブンガク カマクラ

クワイエットルームにようこそ










■Link

■Profile

■Other
あてもなく迷いに彷徨う、ピアノ弾き語りのオンナの日々。
<< 決めたこと  トップ  お久しぶりです >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

CM:0TB:0
(「いまさら」の)
おじいちゃんが死んだ。
84歳。うん、平均的だ。

お通夜、お葬式とドタバタで。
いちなのかが終わって、これから、になのか、さんなのか、〜四十九日、
これでもかというくらい疲れるくらいその人の死と向き合って、

これって、本当は残された人のためにあるんじゃないかと思った。


おじいちゃん、さようなら。


さようならが言えるって、本当は(本当はばっかり言ってるな)幸せなことだな。
SNSなんかがあるから、死なないとさよなら出来ない。

いつでも会えるとか思ってても、もう一生会わないことなんてざらなんだから、そうでしょ?

なんの話になってんの。

ああおじいちゃん、もう一回会いたいわ。
さよなら。
CM:0TB:0
スポンサーサイト
CM:0TB:0









http://3unr1se.jugem.cc/trackback/734